資料請求 お問い合わせ

APRESS NOTE

カメラ

夜景撮影におすすめの低価格のカメラ5選!素敵な夜景写真を撮ろう

HIROKI ASANO
HIROKI ASANO
サムネイル

夜間のカメラ撮影は、フラッシュを焚いても遠くの被写体が写りづらく、意外と難しいものです。特に綺麗な夜景を写真に納めようとたくさん撮った後、現像してみたら思うように撮れていなかった…なんてことはありませんでしたか?

  • 夜景など夜にも上手く写真を上手く撮りたい!
  • 夜におすすめのカメラってどれ?
  • 一万円以下で安いカメラがあれば知りたい。

そう思っている方へ、今回は夜景など夜の撮影に向いているカメラの解説やナイトビジョンの説明、夜景撮影におすすめのカメラを5つお伝えしていきたいと思います。一万円以下のお安い価格のカメラも紹介していますので是非最後までご覧になってみてくださいね。

夜景や花火など夜の撮影に向いているカメラの特徴を知ろう

夜景 撮影

夜景撮影向きのカメラの一番の特徴は、光を捉える能力が一般的なカメラよりも高いことです。
暗いところでフラッシュを焚かずに写真を撮っても何も写らないように、光がなければ撮影することはできません。
対象が近ければフラッシュ程度で明るさを補えますが、夜景等に関しては撮影対象が遠いためフラッシュが意味を成さず、一般のカメラでは綺麗に撮影することが難しいです。
そこで、夜景撮影向けのカメラの使用をおすすめします。
夜景撮影向けのカメラであれば、夜景の光をしっかりと捉えるため、綺麗に撮影ができるという仕組みになっています。

暗い場所での撮影にはISO感度の設定が大事

ISO感度とは、レンズから入ってきた光を、カメラ内で電子的にどれくらい増幅させるかの指標です。
一般的なカメラであれば800〜1600に設定するのが目安ですが、夜景撮影向きのカメラであれば25600以上に設定が可能なため、夜景のような被写体が遠いものであっても、くっきりと撮影することが可能となっています。
ISO感度を高く設定すると、光の量が少なくても明るい写真が撮れ、速いシャッタースピードでブレを防いで撮影ができるため、暗い場所で撮影する際はISO感度の調整は必須です。
しかし、高く設定し過ぎると画質が粗くなるため注意してください。

花火や夜景など撮るシーンごとにF値を調整する

花火

F値とは、レンズが取り込める光の量を示す指標のことで、F値を下げるとカメラのレンズを通る光の量が多くなり、より速いシャッター速度で明るく撮影することが可能です。
一方、F値を上げるとレンズを通る光の量は少なくなり、ピントの合っている範囲を深くすることができるので、花火や夜景などの遠景を撮影する場合は、被写体との距離感に合わせてF値を上げる必要がありますが、無限円に入っていればピントを合わせなくても良い場合があります。
また、パンフォーカス(ディープフォーカス)にしたい場合のF値の数値は、F8からF11程度がベストといえるでしょう。
このように微調整をすることで、綺麗な夜景写真を撮影することが可能となります。

マニュアル操作で綺麗な夜景や花火が撮れる

綺麗な夜景や花火を撮りたい方は、自動的にピントを合わせるオートフォーカスではなく、マニュアルモードを試してみましょう。
マニュアルモードとは、F値、シャッター速度、ISO感度を全て手動で調整する操作法のことです。

オートフォーカスにも夜景モードはありますが、自動ピントだと夜景や花火などの特殊な被写体は微妙にピントが合わず、若干ぼやけてしまうこともあります。
そこで、マニュアルモードを使用することをおすすめします。
このモードでは微調整ができて、暗い場所でもピントを合わすことができるため、僅かなズレをなくし、夜景や花火も綺麗に撮影することが可能です。

夜景撮影はセンサーの大きさが決め手

カメラに搭載されているセンサーのサイズが大きいほど夜景撮影に強くなります。

カメラのセンサーは主に以下の3種類です。

  • フルサイズセンサー
  • APS-Cセンサー
  • マイクロフォーサイズセンサー

大きさは、フルサイズセンサー>APS-Cセンサー>マイクロフォーサイズセンサーの順になります。

センサーのサイズが大きいほど、光源を拾う面積が広くなり、暗い場所でも多くの光を拾うことができるため夜景撮影に強くなるので、センサーの大きなカメラを選ぶことをおすすめします。

ナイトビジョンを使って暗闇でもしっかり記録

カメラ レンズ

多機能カメラであればナイトビジョンという機能が備わっているものもあります。
ナイトビジョンとは赤外線撮影機能のことで、暗視カメラのように暗闇でも被写体の形をしっかり撮ることができるので、夜景などをくっきりと写真に収めたい時はおすすめです。
ナイトビジョンを使用すると写真にメリハリが付きますので、あれば非常に便利な機能の一つとなっています。

夜景撮影におすすめしたいカメラ5選

夜景 撮影

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX100M5A


ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX100M5A

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX100M5A :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場

4K動画撮影、最高960fpsのスーパースローモーション撮影対応。
優れた高速処理性能を持ち、最高感度のISO12800でもノイズのない夜景を撮影できることがおすすめです。

価格 95,800円 ※価格はサイトにより変動します
総重量 299g
有効画素数  2100万画素
画面サイズ 3インチ
手ブレ補正 有り

キヤノン(Canon) PowerShot G5 X Mark II


キヤノン(Canon) PowerShot G5 X Mark II

キヤノン(Canon) PowerShot G5 X Mark II :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場

4K動画撮影対応。
高精度な手ブレ補正機能の「デュアルセンシングIS」を搭載しているため、暗闇でも安定して撮影できるのがおすすめです。

価格 115,550円 ※価格はサイトにより変動します
総重量 340g
有効画素数  2010万画素
画面サイズ 3インチ
手ブレ補正 無し

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III


キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場

4Kは非対応ですが、フルHD対応、約2420万画素で高画質。
ISO25600対応で暗所でもノイズの少ない綺麗な写真を撮影できるのがおすすめです。

価格 131,450円 ※価格はサイトにより変動します
総重量 375g
有効画素数  2420万画素
手ブレ補正 無し

Canon デジタルカメラ IXY 180


Canon デジタルカメラ IXY 180

Canon デジタルカメラ IXY 180 :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場

値段が一万円台ですが、2000万画素の高画質。
光学8倍ズーム搭載で遠方の被写体も綺麗に撮影できるのがおすすめです。

価格 12,300円 ※価格はサイトにより変動します
総重量 126g
有効画素数  2000万画素
手ブレ補正 無し

コダック コンパクトデジタルカメラKodak PIXPRO FZ43BK


コダック コンパクトデジタルカメラKodak PIXPRO FZ43BK

コダック コンパクトデジタルカメラKodak PIXPRO FZ43BK :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場

値段が一万円以下ですが、光学4倍ズームと手ブレ補正機能も搭載されているので、夜景なども美しく撮影できるのがおすすめです。

価格 7,802円 ※価格はサイトにより変動します
有効画素数  1600万画素
画面サイズ 2.7インチ
手ブレ補正 有り

夜景などの夜の撮影時写真を上手く撮るコツ

夜の撮影

夜景や花火など、暗所での撮影を上手く撮るコツは、上述したようにマニュアルモードでISO感度を高くすることや、F値を調整する、ナイトビジョンを使用する等の微調整を行うことです。
また、シャッタースピードを遅くすることで、より多くの光を通し、鮮やかに撮影することが可能となります。
シャッタースピードを遅くする際は、画像がブレる可能性が高くなるので、手ブレ機能付きカメラを使用するか、三脚を使用すれば綺麗に撮影ができるのでおすすめです。
夜景や花火などは光がとても繊細なので、いかにピントを合わせて写真に収めるかが重要といえるでしょう。

自分の気に入ったカメラで綺麗な夜景を撮ろう

夜景撮影

いかがでしたでしょうか。
カメラは値段も機能も様々です。
綺麗な夜景を撮影できるかどうかは技術だけでなく、カメラの性能にも左右されます。
どこまでのクオリティーを求めるかで、必要なスペックも変わってくるでしょう。
おすすめしたカメラ5選の他にもいろんなカメラが販売されていますので、これからカメラを購入するという方は是非、自分に合ったカメラを見付けて、綺麗な夜景の撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

           ※記事内で掲載している価格は2020年8月23日時点のものです。

おすすめの記事

  • サムネイル
    カメラ

    YouTuberは開業届が必要!提出方法や書類の書き方を徹底解説

    YouTuberはその職業柄、個人事業主のように開業届が必要なのか分かりにくいですよね。 ただ、専業でYouTubeから収入を得ている人は開業届の提出が必要なので、その提出方法や期限などについてしっかりと覚えておきましょ […]

  • サムネイル
    カメラ

    YouTuberが実際に使用しているマイクおすすめ10選【2020】

    YouTubeを始めようとしている方、またYouTubeを始めたばかりの初心者の方。 YouTuberを始めてみたいけど、どのマイクが必要なのかわからない そもそもYouTube撮影にマイクって必要? 結構視聴回数も増え […]

  • サムネイル
    カメラ

    Vlog撮影におすすめ!安くて高機能なカメラ5選

    Vlogを始めようと考えている初心者の方に向けて、安くても高機能で扱いやすいカメラをご紹介します。YouTubeやInstagram、TikTokなどで動画を配信したいと考えている方はきっと役立ちます。ぜひ参考にしてください。

YouTubeの活用をご検討中の企業様、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求

お電話でのお問い合わせ

080-4336-2292電話受付時間 平日 10:00~19:00