資料請求 お問い合わせ

APRESS NOTE

無料で簡単に!Lightroomのプリセットを使ってみよう

HIROKI ASANO
HIROKI ASANO
サムネイル

Adobe Lightroomプリセットでできること Adobe Lightroomプリセット Lightroomでは、前もって画像に対して行った調整をプリセットという形で保存できます。この保存したプリセットを使用して、どんなことができるかご紹介します。

自分でLightroomプリセットを設定する

自分が画像に対して設定した色合いや明るさの変更した値を、プリセットとして保存しておき、他の画像に対して同じ設定を反映することができます。たとえば、以下のような設定変更が挙げられます。
  • 光が強い日中帯に撮影した画像に対して、シャドーを強くしホワイトバランスを調整
  • 夜間帯に撮影した画像に対して、明るさをあげて被写体を見やすくする
これらの変更を、同じ時間帯に撮影した画像すべてに対して上記の調整を1つ1つ設定するのは大変です。そこでプリセットを使用すれば、調整した値を一度に反映することができ、効率よく編集ができます。

プロが作ったLightroomプリセットを無料で使用できる

初心者にとっては、うまく画像を調整することも難しいのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、無料で公開されているプリセットの使用です。中にはプロが作ったものもあります。自分が1からすべて設定するのが大変でも、プロが作ったプリセットを利用すれば、簡単に画像を際立たせることができます。公開されているプリセットは多くのバリエーションがあるため、好きなものを選んで反映できます。

Adobe Lightroomの無料プリセットをダウンロード

Adobe Lightroomの無料プリセット

都市写真向けの無料プリセット

都市や建物は現代的なものから固有なものまでさまざまあるため、建物にあったプリセットを探しましょう。

Abandoned Industry

ヴィンテージ風に仕上がる無料プリセットです。やや白みがかった調整がされ、ノスタルジックな雰囲気が演出されます。 Abandoned Industry

風景写真向けの無料プリセット

風景写真向けのプリセットも豊富にあります。特におすすめなのは、以下です。

Saturated Landscape 100

風景にぴったりの無料プリセットです。色彩が強くなり、雲や草木がより鮮明にうつります。さらにここから細かい調整を加え、見栄えをよくすることもできます。 Saturated Landscapae 100

Blue Sky Dream

こちらも彩度や明るさの調整により、非常に鮮やかに仕上がる無料プリセットです。空や雲が色鮮やかになり、見栄えがよくなります。プリセットの名の通り、空や海などの風景画像の加工におすすめです。 Blue Sky Dream

人物写真向けの無料プリセット

Honey Sunset

暖かみのある写真に調整する無料プリセットです。他の時間帯に撮影した画像に対して、朝日または夕日の時間帯に見られる暖かみを加える場合におすすめです。 Honey Sunset

Dark Drama

グレインを追加し、画面全体をややダークな雰囲気で仕上げます。影が強調され、被写体をよりくっきりに見せることができます。このグレインの量はラダーで調整可能です。 Dark Drama

Adobe Lightroomプリセットの使い方

Lightroomプリセットの使い方 多くの無料プリセットが利用できることがわかり、使ってみたいと思った方もいるのではないでしょうか。ここから、そのプリセットを使うための方法をご紹介します。PC版を使用しての手順ですが、スマホ・タブレットで使用できるLightroomモバイル版でもプリセットは使用できます。

プリセットを使ってみる

それでは、PC版のLightroomで写真にプリセットを設定する方法をご紹介します。右側メニューバー「編集」から、下部にある「プリセット」を選択すると、プリセットのメニューが表示されます。 プリセットの使い方 メニューに表示されているプリセットにカーソルを当てるだけで、自動的に画像にプレビューとして表示されます。変更内容を確認しながらプリセットを選択でき、大変便利です。 さらにご紹介するのは、自分で独自に編集した設定内容をプリセットとして作成する方法です。プロセットとして作成すれば、自分が設定した内容を呼び出し複数の画像に簡単に反映できます。プリセットを作成する場合は、プリセットメニューの右上にある「・・・」を選択し、「プリセットの作成」を選びます。 プリセットの使い方 プリセットを作成する場合は、全ての設定だけでなく、ライトやカラー、効果といった一部分の内容だけ保存をすることもできます。つまり、複数のプリセットを重ねあわせ、画像を調整していくことも可能です。 プリセットの使い方

プロが作ったLightroomプリセットを無料で使用できる

Lightroomプリセットは、読み込むことで他の人が設定した内容を使用することができます。Lightroomプリセットは無料で公開されており、中にはプロが作ったものもあります。 プリセットメニューの右上にある「・・・」を選択し、「プリセットを読み込み」を選びます。 プリセットの使い方 サイトからダウンロードしたプリセットを読み込めば、使用できるようになります。サポートされているファイルの拡張子は、lrtemplate、xmp、zip、dcpです。

Adobe Lightroomの無料プリセットを使用してみよう

Adobe Lightroomは画像に対してさまざまな加工ができるだけでなく、プリセットを使用してプロが実際に行う調整を簡単に反映できる機能が備わっています。自分が撮った画像に対して簡単に好みの仕上がりにできるのは、とても魅力ですよね。プリセットの機能は、Adobe Lightroom の無料体験版、およびモバイル版どちらでも使用可能ですので、ぜひ試してみてください。]]>

おすすめの記事

  • サムネイル

    YouTuberが実際に使用しているマイクおすすめ10選【2020】

    YouTubeを始めようとしている方、またYouTubeを始めたばかりの初心者の方。 YouTuberを始めてみたいけど、どのマイクが必要なのかわからない そもそもYouTube撮影にマイクって必要? 結構視聴回数も増え […]

  • サムネイル

    YouTuberは開業届が必要!提出方法や書類の書き方を徹底解説

    YouTuberはその職業柄、個人事業主のように開業届が必要なのか分かりにくいですよね。 ただ、専業でYouTubeから収入を得ている人は開業届の提出が必要なので、その提出方法や期限などについてしっかりと覚えておきましょ […]

  • サムネイル

    Vlog撮影におすすめ!安くて高機能なカメラ5選

    Vlogを始めようと考えている初心者の方に向けて、安くても高機能で扱いやすいカメラをご紹介します。YouTubeやInstagram、TikTokなどで動画を配信したいと考えている方はきっと役立ちます。ぜひ参考にしてください。

YouTubeの活用をご検討中の企業様、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求

お電話でのお問い合わせ

080-4336-2292電話受付時間 平日 10:00~19:00