資料請求 お問い合わせ

APRESS NOTE

海外旅行におすすめのカメラ5選と注意点4つ【初心者向け】

著者名
manaka
サムネイル

  • キレイな写真を撮るには一眼レフカメラがいいのかな?
  • カメラはお金がかかってしまうので手が出しづらい
  • 海外旅行はiPhoneやスマホのカメラで十分じゃない?
  • というようなことを思っていませんか。 この記事では、海外旅行の目的別におすすめのカメラを一気にご紹介していきます。選ぶポイントや、iPhoneやスマホカメラの最新情報も合わせてご紹介していきますので、ご自分のご予算や目的に合ったカメラを選んでくださいね。

    海外旅行向けカメラの購入ポイント

    海外旅行向けカメラの購入ポイント 海外旅行で素敵な思い出を写真に収めたくてカメラを購入する方は多いはず。しかし、何を基準にカメラを選べばいいのか初心者には難しいです。 そんな方に向けて海外旅行におすすめなカメラの選び方を実体験も交えて紹介します。

    海外旅行にはコンパクトなカメラを選ぶ

    海外旅行にはなるべくコンパクトで軽いカメラがおすすめです。飛行機の荷物制限や渡航先の治安面を考えると軽くて持ち運びがしやすいものを選びましょう。 荷物を軽くすれば観光中も疲れることなく楽しめますし、盗まれる危険性も減ります。

    必要な機能を絞ってカメラを選ぶ

    海外旅行 荷物制限の対策や身軽に移動をするためにはPCを持っていきたくありませんよね。写真データを移せずに容量不足で撮れない状況を避けるためにも、Wi-Fiを経由してデータ管理ができるカメラがおすすめです。 また、連携しているアプリによってはリモートライブビューという自撮りができる機能やデータの転送を簡単にできるサービスを提供しています。カメラだけでなく連携できるアプリもチェックしておきましょう。

    目的に合わせてカメラを選ぶ

    星空 カメラ 海外旅行の星空や美しい風景を撮りたいなら高性能な一眼レフカメラ、海やリゾート地なら防水機能があるカメラを選びましょう。 カメラの連携アプリとWi-Fiを使って写真をその場でスマホに移し、現地で知り合った人たちとすぐにシェアできるものもあります。せっかく出会った景色や人脈をさらに素敵なものにできますね。

    予算に合わせてカメラを選ぶ

    旅行 予算 海外旅行は旅費だけでもかなりのお金がかかるので、購入するカメラの予算も決めておきましょう。こちらは最新機種を参考にした価格表です。
    価格
    一眼レフ 10~15万円台
    デジタルカメラ 2~3万円台
    iPhone スマホカメラ(最新) 8~10万円台
    Go Pro 4万~6万円台
    あくまでメインは海外旅行なので、カメラにお金を使いすぎて旅費を削らないように注意しましょう。

    購入時期と方法をリサーチする

    セール カメラの購入にはセール時期を狙うのがおすすめです。筆者はBOXING DAYというオーストラリア最大のセール期間に最新カメラを破格の値段で購入し、値段の交渉をしてアクセサリー類も揃えました。 海外でカメラを購入するメリットは、電圧・変換プラグが必要なく海外で使え、日本語に対応するモデルも購入できるところです。デメリットは、保証が効かないことや日本で充電するには変換プラグが常に必要なところです。 日本でも同様にセールはやっているので、せっかくなら一番安い方法で購入できるようにリサーチしましょう。

    海外旅行におすすめのカメラ5選

    おすすめのカメラ ここからは海外旅行におすすめなカメラを紹介していきます。メリット・デメリットを参考にしてカメラを比較しながらご覧ください。

    Canon EOS Kiss M

    Canon EOS Kiss M Canon EOS Kiss M :クリックするとAmazon商品ページ Amazon楽天市場 女性に人気のKissシリーズの一つで、難しい設定をせずにオート撮影でかわいい写真を撮れるので初心者にもおすすめのカメラです。
    有効画素数・重量 約2410万画素数/約390グラム
    機能 手ブレ補正・顔認証・タッチシャッター・サイレントシャッター・4k動画24p・フルハイビジョン動画60p・Bluetooth・Wi-Fi・アプリサービス
    価格 82,899~94,500円  ※価格はサイトによって変動します
    メリット ・小さくて軽いから持ち運びしやすい ・デザインもかわいいので持っているだけでおしゃれ ・優秀なCanonアプリを使える
    デメリット ・長時間持ち歩くと重く感じる ・一日中観光をするなら予備バッテリーは必須 ・レンズのバリエーションが少ない

    SONY α6100

    SONY α6100 SONY α6100 :クリックするとAmazon商品ページ Amazon楽天市場 初心者向けのミラーレス一眼カメラとして開発され、物体認識技術と世界最速0.02秒のAF速度で素早く動く被写体を美しく撮影できます。
    有効画素数・重量 約2420万画素数/約396グラム
    機能 リアルタイム瞳AF・電子ビューファインダー・チルト式液晶モニター・ワンタッチシェアリング・Wi-Fi・Bluetooth・アプリサービス
    価格 81,980~99,818円  ※価格はサイトによって変動します
    メリット ・他のシリーズと同等の性能でコスパに優れている ・収納しやすいコンパクトなカメラ ・自撮りがしやすい液晶モニター
    デメリット ・手ブレ補正機能なし ・予備のバッテリーは必要 ・他のSONY製品と比べると画質が気になる

    Nikon COOLPIX W300

    Nikon COOLPIX W300 Nikon COOLPIX W300 :クリックするとAmazon商品ページ Amazon楽天市場 アウトドア向けに開発されたデジタルカメラなので、マリンアクティビティから激しい動きを必要とするシーンに最適なカメラです。
    有効画素数・重量 約1605万画素数/約231グラム
    機能 水深30mまで対応・耐衝撃性能・アクティブガイド・LEDライト・手ブレ補正・AK UHD動画30p・AE固定・Wi-Fi・Bluetooth・アプリサービス
    価格 30,779~39,800円  ※価格はサイトによって変動します
    メリット ・方位や高度/深度を表示してくれたり移動ルートの記録が可能 ・防水カメラでありながら本格的な写真も撮れる ・かわいいデザインのカメラ
    デメリット ・バッテリーの消耗が激しい ・個体差で不具合が起こることがある ・水中以外の普段使いでは性能に満足できないかも

    Go Pro HERO8 Black

    Go Pro HERO8 Black Go Pro HERO8 Black :クリックするとAmazon商品ページ Amazon楽天市場 Go Proはさまざまな視点の写真を撮影でき、コンパクトでありながら動画も写真もハイクオリティのものが撮れます。
    画素数・重量 約1200万画素数/約126グラム
    機能 手ブレ補正・Time Warp・4k動画60p・耐久性・水深10mまで対応・アプリサービス
    価格 45,499~56,444円  ※価格はサイトによって変動します
    メリット ・従来のGo Proで必要だったカメラ用フレームが無くなる ・撮影が難しい場所や角度での撮影が可能 ・夜景や星空をキレイに撮れる
    デメリット ・アクセサリーの購入が必要 ・タッチパネルが小さくて操作しづらい ・バッテリーが短いので予備が必須

    iPhone 11Pro

    iPhone 11Pro iPhone 11Pro :クリックすると楽天商品ページ 楽天市場 iPhone 11Proは一眼レフをも超える高性能でありながらコンパクトです。11Proは夜の撮影も楽しめるナイトモードや、防水や長持ちするバッテリーは旅行にピッタリです。
    画素数・重量 約1200万画素数/約194グラム
    機能 超広角カメラ・広角カメラ・望遠カメラ・4k動画60fps・ナイトモード・ポートレートモード・防水性・アプリサービス
    価格 86,480~106,800円
    メリット ・バッテリーの持ちがよい ・貴重品の一つなので荷物が減る ・データ共有や加工が簡単
    デメリット ・従来の製品と比べると重くなった ・防水ではあるが対策は必要 ・旅行中は調べものもあるのでバッテリー管理が大切
    デジタルカメラならではの撮影感を味わったり、コンパクトを極めたカメラを選ぶなど旅行に最適なカメラ選びの参考にしてください。

    海外旅行でカメラを持っていくときの注意点

    海外旅行 注意点 カメラを購入した後は海外旅行に行くだけと思っていませんか? カメラは高価なものなので危険はたくさんあります。海外旅行中に困ることがないようにカメラを持っていくときの注意点も確認しておきましょう。

    カメラは機内持ち込みする

    飛行機に乗るときにバッテリーは機内持ち込みに分けておきましょう。たまに予備のバッテリーは使わないからと預けてしまう方がいるので特に注意しましょう。

    カメラは使うとき以外はしまっておく

    盗難被害 海外旅行で一番怖いのは盗難被害ですよね。カメラは高額で狙われやすいため、明らかに観光客だとわかる行動は避けましょう。 写真を撮るとき以外はカバンの中にしまったり、目を離さないようにして対策するのをおすすめします。

    カメラケースは持っていかない

    購入したカメラケースをそのまま持っていくとロゴや形でカメラを持っていることがわかってしまいます。渡航先の治安によってはカメラケースにまで工夫をして警戒すべきです。 海外で日本人はターゲットにされやすいですし、手持ちのカバンも少なくして目が行き届くように心がけましょう。

    こまめにデータを移す

    写真のデータをこまめにPCやスマホに移しておけば、仮にカメラが盗まれてしまっても全ての写真を失わずに済みます。写真と一緒に思い出まで奪われるのは避けたいはずです。 また、写真を撮りたいタイミングで容量不足になってチャンスを逃すことがなくなります。手間はかかりますが、素敵な写真をたくさん撮るためにもこまめにデータは移しましょう。

    自分に合ったカメラで海外旅行を楽しもう

    海外旅行 ここまで海外旅行に持っていくカメラの選び方やおすすめなカメラ、海外旅行にカメラを持っていくときの注意点を紹介してきました。 海外旅行まで時間がある方はカメラを試せる店舗に行ったり、レンタルサービスを利用して使い心地を確かめるのもいいですね。海外旅行を最大限に楽しめるようにカメラを選びましょう。

    ※記事内で掲載している価格は2020年8月28日時点のものです。

    ]]>

    おすすめの記事

    YouTubeの運営代行をご検討中の企業様、
    お気軽にお問い合わせください。

    資料請求

    お電話でのお問い合わせ

    080-4336-2292電話受付時間 平日 10:00~19:00