資料請求 お問い合わせ

APRESS NOTE

スタビライザーはどれがいい?おすすめ5選【iPhone対応】

著者名
manaka
サムネイル

  • iPhoneを使ってプロのような素敵な動画を撮りたい。
  • 手ブレを解消して気軽に撮影ができたらいい。
  • そんな時に使えるのがスタビライザーです。そこで今回はスタビライザーの仕組みやiPhone対応スタビライザーのおすすめを5つご紹介します。スタビライザーを使えば手ブレもなくiPhoneで滑らかな動画撮影ができますので是非参考にしてみてくださいね。

    手ブレを防ぐスタビライザーの仕組み

    スタビライザー スタビライザーは撮影時にカメラの水平を保ち、手ブレなどを防ぐ機械です。 iPhoneで歩きながら動画撮影すると画面が揺れてしまい、撮りたいものがブレてしまいます。しかし、スタビライザーを使うことで水平を保て、歩く時の振動や画面のブレを軽減できます。 スタビライザーが水平を保てるのは、回転・水平方向・垂直方向の3軸で手ブレを防ぐジンバルが使用されているからです。センサーで動きを感知して、スマホの傾きなども制御してくれます。 スタビライザーを使用することで、動き回る子どもやペットなど動く被写体であってもブレの少ない動画撮影が可能になります。

    iPhone用スタビライザーを選ぶポイント

    スタビライザーの種類で選ぶ

    スタビライザー スタビライザーには電気式と機械式の2種類があります。それぞれの特徴や注意点を、下記の表にまとめました。
    電 気 式 機 械 式
    特 徴 ・バランス調整を自動で行うので、手ブレしにくい ・初心者や動画撮影に不慣れでも使いやすい ・動きのある子どもやペットの撮影に向いている ・アプリと連動した多くの機能がある ・手元のコントローラーで操作できる ・電気式に比べて安価 ・細かな動きやとっさの動きに対応できる ・重りで水平を保つので、バッテリー不要
    注 意 点 ・充電が必要になる ・使用時にアプリのダウンロードが必要 ・機種や機能などによって、価格に幅がある ・電気式よりも重い ・自分でバランス調整を行うので、慣れるまで時間がかかる ・風によって重りが動いて、水平が取りづらいこともある
    電気式と機械式の大きな違いは調整の仕方です。調整の違いは、使いやすさの違いともいえるかもしれません。使用頻度や使いたいシーンに、どちらが向いているのかを考えてみるといいでしょう。

    スタビライザーの重さ・駆動時間で選ぶ

    スタビライザー 電気式スタビライザーと機械式スタビライザーの重量・バッテリー時間・持ち運びやすさを、下記の表で比較しています。
    電気式 機械式
    重 量 機械式よりも軽量なものが多い 比較的重いものが多い
    バッテリー時間 機種によって異なる (3時間~12時間以上) バッテリーを使わない
    持ち運びやすさ 軽量でコンパクトなものが多い 折りたたみタイプもある 大きいものが多く、持ち運びには不便
    電気式と機械式では、何を重視するかによって選ぶポイントが異なります。旅行などで屋外で長時間使いたい場合は、電気式が向いています。充電を忘れやすいけど頻繁に使う予定なら、機械式を選んでもいいですね。 

    スタビライザーの軸数で選ぶ

    スタビライザー 電気式のジンバルには軸がついています。その軸の数によって、バランスを取る方向が変わります。それぞれの違いは、下記の表にまとめました。
    1軸 2軸 3軸
    特徴 水平方向の動きのみ対応 手頃な価格のものが多い 水平方向と垂直方向の動きに対応 水平方向、垂直方向、回転の全ての動きに対応 広範囲の撮影向き
    軸の数が少ないと値段が安くなる傾向があるので、購入時の参考にしてください。

    スタビライザーの機能で選ぶ

    スタビライザー 市販のスタビライザーの多くは無料の専用アプリが用意され、さまざまな機能が使えるようになっています。また、専用アプリでなくても使える機種も増えてきています。 主な撮影機能には、被写体を登録すると自動で追いかけて撮影するトラッキング機能、タイムラプス機能、離れて自撮りできるモード、パノラマ撮影、スローモーション撮影、露出補正などがあげられます。また、手元でモードの切替などができる機種もあります。 スタビライザーを選ぶ時は、自分が使いたい撮影機能があるかを確認することも大事ですね。

    スタビライザーの便利な使い方

    実は、最近のiPhoneでは手ブレ防止機能が進化してきており、スタビライザーを使用しなくとも、手ブレが気になることは少なくなくなってきました。しかし、手ブレ防止以外の観点でも、スタビライザーを使うからこその面白い撮影方法もあるのです! 例えば、スケートボードなどの撮影シーンで、スタビライザーを地面に近いところに設置することで、ローアングルで迫力ある映像を撮影することができます。 その他にも、スタビライザーの軸を手で持って、カメラを軽く振ったりくるっと回転させたりすることで、ダイナミックな撮影が可能です。 このようにスタビライザーを使うことで、一風変わったプロのような写真を撮影するのに役立ちます。

    おすすめiPhone対応スタビライザー5選

    DJI Osmo Mobile 3

    DJI Osmo Mobile 3 DJI Osmo Mobile 3 :クリックするとAmazon商品ページ Amazon楽天市場 一番のポイントは何といっても、15時間というバッテリー駆動時間の長さです。一度充電すれば一日中使えるので、旅行や運動会など屋外で長時間使う時にも安心できます。404gという軽さでコンパクトに折りたためるので、女性でも気軽に持ち歩けます。
    価格 12,500円 ※価格はサイトにより変動します
    タイプ 電気式/機械式
    総重量 404g
    バッテリー 15時間
    サイズ (幅×高さ×奥行)125×285×102mm
    3軸
    対応端末 iOS 10.0 以降( iPhone SE、 iPhone 6、 iPhone 6 Plus、 iPhone 6 s、 iPhone 6 s Plus、 iPhone 7、 iPhone 7 Plus、 iPhone 8、 iPhone 8 Plus、 iPhone X、 iPhone XS、 iPhone XS Max、 iPhone XR) Android 4.1.2以降

    Hohem iSteady X

    Hohem iSteady X Hohem iSteady X :クリックするとAmazon商品ページ Amazon楽天市場 手のひらサイズのコンパクトさと、259gという軽量で持ち運びやすいことが最大の魅力です。また、手元に切替ボタンが集約されていて、機能の切替が簡単に行えます。アプリ画面で操作方法を確認できるので、初心者でもすぐに使えます。
    価格 8,999円 ※価格はサイトにより変動します
    タイプ 電気式
    総重量 259g
    バッテリー 8時間/充電2時間
    サイズ (幅×高さ×奥行)39×179×79mm
    3軸
    対応端末 iOS10.0以降(iPhone 11 ,11 Pro,/ 11 Pro Max, XS MAX , XS,/ XR , X , Plus, 8,7, 6S, 6, 5S, 5, SE(二代))  Android7.0以降(幅55~90mm、最大厚さ8.9mm、最大6.5インチ)

    ZHIYUN SMOOTH 4

    ZHIYUN SMOOTH 4 ZHIYUN SMOOTH 4 :クリックするとAmazon商品ページ Amazon楽天市場 おすすめポイントは手元のボタン一つで、切替操作ができることです。手元のボタンでは露出補正や撮影の切替などが行え、背面ボタンでは動きに素早く追随できるPhoneGoモードへの切替もできます。長時間稼働できるバッテリーは残量が一目で分かり、スマホのモバイルバッテリーとしても使用できます。
    価格 14,400円 ※価格はサイトにより変動します
    タイプ 電気式
    総重量 560g
    バッテリー 最長12時間/スマホへの充電可能
    3軸
    対応端末 iOS 9.0以降(iPhone SE、 iPhone 6、 iPhone 6 Plus、 iPhone 6 s、 iPhone 6 s Plus、 iPhone 7、 iPhone 7 Plus、 iPhone 8、 iPhone 8 Plus、 iPhone X、 iPhone XS、 iPhone XS Max、 iPhone XR)  Android 5.0以降

    FeiyuTech VLOG pocket

    FeiyuTech VLOG pocket FeiyuTech VLOG pocket :クリックするとAmazon商品ページ Amazon楽天市場 スタビライザーの本体は黒色が多いですが、この機種は黒色とピンクの2色から選べます。本体はコンパクトでかなり軽量で、初心者や女性でも気軽に使うことができるシンプルな設計です。付属品には集合写真や自撮りに便利なミニ三脚が含まれています。
    価格 8,188円 ※価格はサイトにより変動します
    タイプ 電気式
    総重量 272g
    バッテリー 14時間
    サイズ (幅×高さ×奥行)66×90×242mm 55×108×145mm(折りたたみ時)
    3軸
    対応端末 iPhone ,android

    GIMBAL STABILIZER L08

    GIMBAL STABILIZER L08 GIMBAL STABILIZER L08 :クリックするとAmazon商品ページ Amazon楽天市場 軽量でコンパクトになる折りたたみタイプで、アプリをインストールしなくても使用できます。ボタン一つで水平垂直モードの切替可能。三脚内蔵の上、最長86cmまで伸ばせてセルフィ―としても使えるようになっています。Bluetooth対応機種と接続すれば、取外可能なリモコンで遠隔で撮影できます。
    価格 4,500円 ※価格はサイトにより変動します
    タイプ 電気式
    総重量 200g
    バッテリー 120分
    サイズ (幅×高さ×奥行)39.5×68.5×190mm
    1軸
    対応端末 iPhone全機種(iOS5.1以降) Android4.3以降 幅5cm~11cmのスマホに対応

    iPhone対応スタビライザー購入時の注意点

    iPhone対応スタビライザー 購入前には、自分のスマホのサイズがしっかり固定できるのか確認しましょう。固定できる厚みや幅と異なっていると、装着後の落下につながってしまいます。また、せっかく買ったのに使いたい機能がなかったということがないように、機能もしっかり確認しましょう。 スタビライザーのグリップはまっすぐなタイプや曲がっているタイプがあり、握りやすさも機種によって異なります。握りやすさと同時に、持った時の重さも大事なポイントです。スタビライザーが重すぎると、長時間の撮影では腕に負担がかかります。重いと感じる機種よりも、少し軽く感じる機種を選べるといいですね。 購入前には実際に様々な機種を手に取って、握りやすさや重さ、扱いやすさの確認をすると良いでしょう。 専用アプリの中には、日本語に対応していないアプリが存在しています。購入を考えている機種は、機能だけでなくアプリについて確認することをおすすめします。

    自分好みのiPhone用スタビライザーを見つけよう

    スタビライザーは機種によって重量や機能、コンパクトさなどの違いがあります。購入前には価格とともにどんな機能が必要かを考えて、自分が使いやすいiPhone用スタビライザーを見つけてくださいね。

    ※記事内で掲載している価格は2020年8月20日時点のものです。

    ]]>

    おすすめの記事

    YouTubeの運営代行をご検討中の企業様、
    お気軽にお問い合わせください。

    資料請求

    お電話でのお問い合わせ

    080-4336-2292電話受付時間 平日 10:00~19:00