資料請求 お問い合わせ

APRESS NOTE

カメラ

Vlog撮影におすすめ!安くて高機能なカメラ5選

HIROKI ASANO
HIROKI ASANO
サムネイル

YouTubeやInstagramをつかって、ブログのように日々の出来事を動画配信する「Vlog」を行う人が増えています。

簡単に動画のシェアや編集ができるスマホも良いですが、Vlog用カメラには動画撮影に特化した機能がついていて、スマホカメラではできない撮り方ができます。

このため、本格的にVlog撮影を楽しみたいならVlog用のカメラが断然おすすめです。しかし、特に初心者の方にとっては、数あるカメラの中からどれを選べば良いか悩みますよね。

  • スマホより高画質で動画撮影ができるカメラがいいな
  • 持ち運びが簡単なカメラがいい
  • 扱いやすくて簡単に動画撮影ができるカメラがほしい
  • あまりお金をかけられないので、できる限り安いものを

今回は、Vlogを始める初心者の方におすすめの、安価でも十分使えるカメラをご紹介します。これを期にVlogを始めようと考えている人、すでにVlogを始めているものの、スマホからカメラに変えようと考えている方にぴったりの内容です。ぜひ参考にしてください。

Vlog用のカメラ選びのポイント

カメラ

被写体を先に決め、それに合う適切なカメラを選ぶ

カメラを選ぶには「何を撮るか」を考える必要があります。

できれば被写体にあわせて適切なカメラを選ぶのが理想ですが、始めたばかりではよくわからず、また複数のカメラを買うのは予算的にも難しいでしょう。

そのため、被写体を先に決め、それにあわせてカメラを決めるのがおすすめです。ここではいくつかのシーンをもとに、それにあったカメラをご紹介します。

気軽に日々の生活を撮影するならコンパクトデジタルカメラ

常にカメラを持ち歩き、興味を持ったものを動画に取りたい場合は、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)がよいでしょう。

レンズの交換が不要のため小型・軽量で携帯性は抜群です。

近年はスマホのカメラが高性能化したことで、格安コンデジの人気は落ちていますが、スマホよりも質の高い撮影ができる高級コンデジが大人気です。

ポケットに入るサイズで手軽に持ち運べるコンデジは、日々の生活を撮影するのに最適です。

本格的な撮影を手軽に楽しみたいならミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラは、デジタル一眼レフカメラとコンデジの両方の利点を持ち合わせたカメラです。

ミラーレス一眼カメラはレンズ交換が可能で、デジタル一眼レフカメラのような本格的な撮影ができます。

それでいて、デジタル一眼レフカメラとは異なりカメラ本体内部にミラーがないため、軽量・コンパクト化されています。

また、ミラーレス一眼カメラは初心者向けに作られている商品も増えており、操作がしやすいよう工夫されているものが多くなっています。

一眼レフよりも手軽に、かつコンデジよりも本格的な動画撮影を楽しみたいなら、ミラーレス一眼カメラが最適です。

選び方の目安としてぜひ参考にしてくださいね。

動きながらの撮影ならアクションカメラ

アクションカメラは、衣服や乗り物、自撮り棒などのアクセサリーに装着して撮影することができます。

レンズ交換はできず、望遠機能もありませんが、優れた手ブレ補正機能や、4K撮影が可能なものもあり、デジカメに負けない高機能なのも特徴です。

超小型で、両手がフリーの状態で撮影ができるので、スポーツをしながらなど臨場感あふれる撮影をしたいなら、アクションカメラが最適です。

4Kは画質がよい代わりにデータ量が多い

カメラ

綺麗な動画を撮るために、4K対応のカメラを選びたいと考える方もおられるでしょう。

ただし、4K対応を選ぶ場合は考慮しなくてはいけない点があります。それは、データ量が多いことです。データ量が多いと、以下のような点を注意する必要があります。

  • データ転送やアップロード時に時間がかかる。
  • SDカードなど記憶媒体の容量を圧迫する
  • 動画編集で処理が重くなり、高スペックなPCが必要

そのため、大容量の記憶媒体や高スペックPCなど、事前に準備をしておく必要があります。

4K撮影ができると抜群に綺麗な動画が撮れるため、すでにこれらの機材が揃っている方は、4K対応のカメラを選ぶとよいでしょう。

予算が厳しい場合は型落ちを選択する手も

「とりあえずVlogがどんなものか知りたいため、それほど高性能なものは望まない」
「できるかぎり安いカメラを優先したい」
という方は、型落ちのカメラを選ぶのも一つの手です。

毎年新機種が登場しますが、自分が欲しいと思う機能がなければ、必ずしも最新のカメラを購入する必要はありません。

一世代前のものでも十分高機能なものもあり、また値下がりしているため、いろいろ試したい方にも安心です。

初心者におすすめのVlogカメラ

カメラ

ここからは、Vlogを始めたい方におすすめのカメラを5つご紹介します。

SONY VLOGCAM ZV-1


SONY VLOGCAM ZV-1

SONY VLOGCAM ZV-1 :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場

多くのVloggerの声をもとに作ったとされるVlog用カメラ。「背景ぼけ切替機能」により、撮影したい対象を引き立たせることができます。

気に入ったものを紹介する際の撮影や旅行など、さまざまなシーンでオールラウンダーに対応できます。

さらに、水平方向176度・回転方向270度の高い可動域をもつバリアングル液晶付きで、自撮り撮影を多くする方にもおすすめです。

解像度とフレームレートは4K 30p、FullHD 120pで撮影可能です。スーパースローモーション撮影時はFullHDで、フレームレートは60p/30p/24pのいずれかから選択できます。


※プロモーションビデオ動画


※機能説明動画

メリット ・Vlog用カメラ。「背景ぼけ切替機能」「商品レビュー用設定」など主役を映える機能が満載
・今ならAdobe Premiere Rush3か月無料キャンペーン付き
デメリット ・充電、データ転送用のポートがMicroUSBポート
・三脚アナの位置がレンズの中心からズレている

SONY Cyber-shot DSC-RX100


SONY Cyber-shot DSC-RX100

SONY Cyber-shot DSC-RX100 :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場

とにかく軽く持ち運びがしやすいのが特徴です。その上4万円程度で比較的安価に購入でき、初心者におすすめです。日々の生活のちょっとした出来事や旅行など、すぐに取り出せてさっと撮影したい方に最適です。

フレームレートはFull HD 60fpsで撮影可能。4K撮影はできませんが、必要十分な撮影が可能です。


※プロダクトビデオ

メリット ・SONY商品の中でもトップセールスを記録した名機
・シンプルかつ軽量。240gでポケットにも入る
・比較的安価(Amazonで4万円程度)
デメリット ・4K撮影ができない。上位機種なら可能だが、値段が高い
・固定式液晶。上位機種ならチルト式。

Sony α6400


Sony α6400

Sony α6400 :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場


※機能説明ビデオ

高機能なミラーレス一眼カメラ。液晶モニターは180度可動のチルト式で、自撮り撮影も可能です。手振れ補正がついていないため、自然や風景の撮影、レビュー動画の撮影に向いています。解像度とフレームレートは4K 30p、FullHD 120pで撮影可能です。

メリット ・ハイスペックなミラーレス一眼カメラ
・ミラーレス一眼なのに小型で軽量、403g(バッテリー込み)
・自撮りにも対応の180度可動式液晶モニター付き
デメリット ・手振れ補正がついていない
・バッテリーの持ちが悪い

GoPro HERO8 BLACK


GoPro HERO8 BLACK

GoPro HERO8 BLACK :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場

超小型で持ち運びがしやすく、また手ブレ補正により動きながらの撮影が可能です。オートバイや車の運転中、スポーツの動画など、移動中での動画撮影に適しています。

フレームレートは4K 60p、2.7K/120p、FullHD/240pのスローモーションで撮影可能。HERO8から、ブレを強力に補正する「HyperSmooth ビデオ」が2.0にバージョンアップし、全ての解像度とフレームレートで使用できます。


※公式動画

メリット ・超小型カメラで持ち運び抜群
・進化した手ブレ補正で動きながらの撮影も可能
・豊富なアクセサリーを使用することで撮影の幅が広がる
・スマホアプリもあり、編集やシェアも簡単にできる
デメリット ・バッテリーの持ちが悪い。予備バッテリーもセットがおすすめ
・自撮りに不向き(要自撮り棒)

DJI OSMO ACTION


DJI OSMO ACTION

DJI OSMO ACTION :クリックするとAmazon商品ページ

Amazon楽天市場

こちらもGoProと同じく小型で手ブレ補正がついたアクションカメラ。GoProとは異なりフロントとバック両方にディスプレイがあるため、自撮りもしやすい点がポイントです。

フレームレートは4K 60p、2.7K/60p、FullHD/240pのスローモーションで撮影可能。ただし、H.264コーデックではビデオのビットレートが100Mbpsを超えないため、特にスーパースローモーションモードでは、かなり劣化してしまうことに注意が必要です。


※公式動画

メリット ・強力な手ブレ補正
・フロントとバックの両方にディスプレイがあり、自撮りもしやすい
・スマホアプリでライブ映像の制御やクイック編集が可能
デメリット ・バッテリーの持ちが悪い。予備バッテリーもセットがおすすめ

Vlogに必要な機材、ソフト

Vlogに必要な機材、ソフト

カメラを買ったからVlogができる、というわけではありません。撮影した動画を編集し、アップロードする必要があります。ここでは、撮影した動画をVlogとしてアップロードするために必要な機材やソフトについてご紹介いたします。

Vlog編集に必要な機材

Vlogの編集にはPCが必要です。これはWindowsでもMacでもかまいません。iPad Proのような高性能なタブレットPCでもOKです。動画編集ができるスマホもありますが、スマホは画面が小さいため、できればPCをおすすめします。

前述のとおり、4Kといった高画質な動画を撮影する場合は、それなりに高スペックなPCが必要です。動画編集に必要なスペックについて知りたい方は、こちらをご参照ください。

動画編集に最低限必要なスペックは?おすすめPC6選も紹介

動画編集ソフト

動画編集ソフトはさまざまなものがありますが、知名度・機能的にも最も有名なのは「Adobe Premiere Pro」です。

こちらはプロも利用している高機能なソフトです。ただ、機能が豊富すぎて初心者には扱いにくい面があるかもしれません。

初心者向けには、「Adobe Premiere Rush」がおすすめです。Adobe Premiere Proよりも低価格で、必要十分な機能が備わっています。

Adobe Premiere Rushについては下記記事で詳しく説明しておりますのでぜひこちらもご参照ください

【動画初心者におすすめ】Premiere Rushを使ってみよう!

Adobe以外にも、無料で使える動画編集ソフトが存在します。こちらについても紹介記事がありますので、ご参考ください。

【動画編集】Adobe以外に無料で使えるおすすめソフト6選!

Vlogの目的に合ったカメラを選ぼう

いかがだったでしょうか。今回ご紹介したカメラはどれも比較的安く扱いやすく、Vlog撮影に向いています。まずはどんなVlogにするかを決め、被写体にあったカメラを選びましょう。慣れてくると、シーンに分けてカメラを使い分けると、よりVlogに仕上がります。

※記事内で掲載している価格は2020年9月6日時点のものです

おすすめの記事

YouTubeの活用をご検討中の企業様、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求

お電話でのお問い合わせ

080-4336-2292電話受付時間 平日 10:00~19:00