資料請求 お問い合わせ

APRESS NOTE

カメラ

Webカメラおすすめ6選!在宅勤務をより快適にする5つの選び方

HIROKI ASANO
HIROKI ASANO
サムネイル

全国的に在宅勤務をすることが増えてきているこのご時世の中で、テレワークやビデオ会議の機会も多くなっているのではないでしょうか?そんな時に必要となるのがWebカメラです。

Webカメラにはさまざまな種類があり、使う場面や機能性、コンパクトなものから画質など選ぶ基準はいろいろあります。

そこで今回は、Webカメラを選ぶ5つのポイントからおすすめのWebカメラを6つ一気にご紹介したいと思います。

在宅勤務でのテレワークやビデオ会議に欠かせないWebカメラを購入する際におすすめの記事ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそもWebカメラはどういったツールなのか

Webカメラ
Webカメラとはインターネットに接続が可能なカメラのことで、現在発売されているノートパソコンにはほぼ搭載されています。

ノートパソコンを開いたとき画面の上部についているレンズがありますよね、Webカメラとはあのレンズのことです。

このWebカメラのタイプはパソコン内蔵タイプですが、USBタイプで取り外しが簡単な外付けタイプのWebカメラもあります。

パソコンにカメラが内蔵されていなくても外付けタイプのカメラがあれば撮影および通信ができるようになります。

在宅勤務のテレワークはもちろん、近年ではオンライン飲み会なども流行っており、Webカメラの需要や認知度もどんどん上がってきています。

場所を選ばずに世界中の方たちとオンラインで時間を共有できることが最大の利点だと言えます。

そして録画機能も付いているものが大半なので、防犯対策にも活用できます。

テレワークやビデオ会議にWebカメラが良い理由

Webカメラ
現在ノートパソコンにはWebカメラが付属していることがほとんどで、スマホやタブレットにも標準でカメラが付いているため、Webカメラって本当に必要?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際、少人数での打ち合わせなどはWebカメラがなくても問題はなく、ノートパソコンやスマホに付いているカメラで十分に対応できます。

しかし、スマホやノートパソコン付属のカメラでは、画面が小さく資料が読みにくいことがあります。

大人数での会議では視野角が狭くなり、カメラの画質が悪いと印象が悪くなるというデメリットも出てきます。

また新型コロナウイルスの発生により在宅でのテレワークも急増しています。

在宅でのテレワークによって、コロナウイルスによる通勤時や会社の密な状態での感染リスクが減り、会社での会議や打ち合わせなどもリモートで行われるようになり、Webでのビデオ会議を使う機会も増えてきています。

このようにテレワークが主流となる現代では、Webカメラを使うことでさまざまなメリットが生まれています。

在宅勤務の用途にあったWebカメラを選ぶポイント5つ

テレワーク
在宅勤務のテレワークやビデオ会議の時に使うWebカメラを選ぶポイントを説明します。

選ぶポイント①設置場所

Webカメラ
Webカメラには2種類の設置タイプがあります。

ディスプレイに挟んで固定するクリップタイプとパソコン周辺に固定し設置するスタンドタイプです。まずWebカメラを購入される前に、どのようなスタイルでWebカメラを設置していくのかをよく考えておきましょう。

クリップタイプなら、ディスプレイやクリップで挟める場所があればお手軽に設置できます。

コンパクトな物が多いので持ち運びにも便利なのもメリットのひとつです。

スタンドタイプは、スタンドでWebカメラがしっかり固定できるので安定した撮影ができます。

個人が使用するよりも、大人数が参加するWeb会議などの画角の広さが必要なときなどに活躍します。

選ぶポイント②フレームレート

Webカメラ
フレームレートは1秒間あたりのフレーム数のことを言い、そのフレームレートが大きければ大きいほど映像が滑らかになるというものです。

しかし、配信で利用する場合、Webカメラのスペック通りのフレームレートを発揮したいのであれば自身で細かな設定が必要になってくるという点に注意してください。

購入前に利用するツールのフレームレート設定などをよく確認しておくことをおすすめします。

選ぶポイント③画素数

Webカメラの一般的な解像度は720p~1080pになってます。
解像度はこの数値が高いほど細部まで鮮明に映せるものとなっています。

滑らかでカクツキのない撮影をしたいときは1080p(フルHD)のモデルを選んでおきましょう。

選ぶポイント④マイクが内蔵か

Webカメラ
実は、カメラの画質と同等に重要視されるのがマイクです。画像は多少ぼやけていても小さな問題で済みますが音声が聞き取れないと致命的となってしまいます。

内蔵タイプのマイクは議事録でキーボードを入力していると打音を拾ってしまうことがあり、ヘッドセットマイクは長時間身に付けておくことにもなってしまうので、推奨したいのが外付けタイプのマイクです。

外付けの固定タイプのマイクであれば、位置の調整もできて離れた場所からでも使えるし、長時間使用して疲れるということもないからです。

とはいえ、内蔵タイプのマイクでも十分に作業ができる品質にはなっています。

選ぶポイント⑤画角、レンズ

Webカメラ
Webカメラの「あるある」として、大勢の参加者がいる場合の画面の見切れ問題があります。

画角が狭いWebカメラを購入してしまうと、画面から見切れた方がリアクションするたびにカメラの向きを変えたりパソコンを移動させたりなど不便を感じることが多くなってきます。

大勢での使用目的が多いのであれば、画角の広いカメラとスタンド固定タイプのカメラを検討されてみるとよいでしょう。

在宅勤務におすすめのWebカメラ6選

Webカメラ
ここから在宅勤務でおすすめのWebカメラを6つご紹介いたします。
低価格からハイスペックなどを幅広く網羅してますのでぜひ参考にしてみてください。

Sross

価格 2,699円  ※価格はサイトによって変動します
総重量 104g
タイプ クリックタイプ
最大フレームレート 30fps
レンズ画角 60度
マイク 内蔵/有り
おすすめポイント ・1080p 30fps
・自動光補正
・内蔵双向マイク
・USB接続
・広角、高画質

ロジクール C270

価格 2,100円  ※価格はサイトによって変動します
総重量 71g
サイズ 6.9 x 7 x 3.2cm
タイプ クリックタイプ
最大フレームレート 30fps
レンズ画角 60度
マイク 内蔵/有り
おすすめポイント ・Skypeなどでワイドスクリーンの明瞭かつスムーズなテレビ電話(720p/30fps)を体験できる。
・内蔵のノイズリダクションマイクで自分の声が相手にクリアに届きます。
・暗い場所でも明るさを自動調整してくれてコントラストの高い画像を表現できる。
・静止画の撮影も可能です。

MAXKU Webカメラ

価格 4,780円  ※価格はサイトによって変動します
総重量 80g
タイプ クリックタイプ
最大フレームレート 30fps
レンズ画角 120度
マイク 内蔵/有り
画素数 200万画素+1080p高画質
おすすめポイント ・超広角度
・ノイズ低減
・自動光補正
・幅広い互換性

エレコム Webカメラ

価格 2,560円  ※価格はサイトによって変動します
総重量 66g
サイズ 6 x 5.23 x 3.9cm
タイプ クリックタイプ
最大フレームレート 30fps
レンズ画角 60度
マイク 内蔵/有り
画素数 100万画素
おすすめポイント ・繋ぐだけですぐに使える
・そのまま使える内蔵マイク
・いろんな所に設置しやすい
・静止画も撮影できる
・多国語マニュアル付き

eMeet

価格 4,999円  ※価格はサイトによって変動します
総重量 205g
サイズ 9.8 x 4.8 x 6.5cm
タイプ クリックタイプ
最大フレームレート 30fps
レンズ画角 100度
マイク 内蔵/有り
画素数 200万画素
おすすめポイント ・自動光補正
・100度広角
・自動光補正
・美顔効果
・三脚対応

Chechna

価格 3,599円  ※価格はサイトによって変動します
総重量 160g
タイプ クリックタイプ、スタンドタイプ
最大フレームレート 30fps
レンズ画角 97度
マイク 内蔵/有り
画素数 200画素
おすすめポイント ・360°集音マイク
・光補正機能搭載
・挿すだけで簡単に設置
・三脚対応

Webカメラのメーカーも選ぶ基準になる

Webカメラ
在宅勤務のテレワークやビデオ会議の時に使うWebカメラと言ってもさまざまな種類があります。

どのWebカメラを選んで良いのか分からないという時には有名メーカーから購入してみるのも一つの手段です。

ここからはWebカメラを販売している有名メーカーの特徴についてご紹介致します。

ロジクール

ロジクールはスタイリッシュなデザインが多く、初心者から上級者まで幅広い層に支持されているメーカーとなっています。

機能的にも充実していて「4K HD対応モデル」や「デュアルマイク搭載マイク」などハイスペックの機器が充実しています。
本格的なWebカメラを探している人にはおすすめできるメーカーだといえます。

バッファロー

バッファローはWebカメラのメーカーの中でも求めやすさを重視してるといえます。

スペックは控えめですが十分な機能が備わっているのにそれでいて低価格なものが多くみられ初心者の方にとって参入しやすいメーカーになっています。

幅広い層に支持されているメーカーでもありますが仕様から見ると初心者向けだといえます。

エレコム

エレコムのカメラは低価格のモデルからハイスペックのモデルまでラインナップされ幅広い層から支持されているメーカーとなっています。

エレコム専用のソフトが用意されていて手軽に動画編集を行えるところや、初心者から上級者までのニーズに対応できるのがエレコムの魅力の一つです。

サンワサプライ

サンワサプライのWebカメラはラインナップが充実していて価格もリーズナブルといった特徴があります。

初心者向けのWebカメラはもちろん、「800万画素の高解像度カメラ」や「カメラ内蔵スピーカーフォン」などサンワサプライ独自のカメラも揃っています。

どの層にも対応できますが、個性やこだわりを求めることができる柔軟性も兼ね備えたメーカーともいえます。

ASUSTek

ASUSTekは、他社には無い60fpsのフレームレートを搭載したハイスペックなWebカメラを取り扱っており、Webカメラにこだわりを持つ上級者向けのメーカーといえます。

性能が高い分安価ではないため、初心者の方は敬遠してしまうかもしれません。

しかし、高性能のデュアルマイクや、暗い場所でも画像を微調整して顔を明るく映してくれる機能が搭載されており、ハイスペックで洗練された仕上がりになっています。

思い切って手を伸ばしてみると他メーカーにはもう移れないほどかもしれません。

お気に入りのWebカメラで在宅勤務を快適に

在宅勤務
未だに衰える様子が見えないコロナウイルス。
これから在宅勤務やビデオ会議を取り入れる企業もどんどんと増えていきWebカメラの需要はこれからも益々増えていくことになってくるでしょう。

ハイスペックなモデルは機能も充実しているので当然高価になってきますが、低価格のモデルでも十分に満足してもらえるモデルもメーカーごとに多々用意されています。

Webカメラをご検討の方はぜひこの記事を参考に、気に入ったWebカメラを見つけ出して在宅勤務のテレワークやビデオ通話を快適に行ってもらえれば幸いです。

※記事内で掲載している価格は2020年9月5日時点のものです

]]>

おすすめの記事

  • サムネイル
    カメラ

    YouTuberは開業届が必要!提出方法や書類の書き方を徹底解説

    YouTuberはその職業柄、個人事業主のように開業届が必要なのか分かりにくいですよね。 ただ、専業でYouTubeから収入を得ている人は開業届の提出が必要なので、その提出方法や期限などについてしっかりと覚えておきましょ […]

  • サムネイル
    カメラ

    YouTuberが実際に使用しているマイクおすすめ10選【2020】

    YouTubeを始めようとしている方、またYouTubeを始めたばかりの初心者の方。 YouTuberを始めてみたいけど、どのマイクが必要なのかわからない そもそもYouTube撮影にマイクって必要? 結構視聴回数も増え […]

  • サムネイル
    カメラ

    Vlog撮影におすすめ!安くて高機能なカメラ5選

    Vlogを始めようと考えている初心者の方に向けて、安くても高機能で扱いやすいカメラをご紹介します。YouTubeやInstagram、TikTokなどで動画を配信したいと考えている方はきっと役立ちます。ぜひ参考にしてください。

YouTubeの活用をご検討中の企業様、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求

お電話でのお問い合わせ

080-4336-2292電話受付時間 平日 10:00~19:00