HOWTO

多言語対応!おすすめの翻訳サイト・アプリ5つと翻訳会社を5社紹介

自身のビジネスを成長させるために国内のみならず、海外へ進出したいと考えている方も多いはず。

なかでも海外へアピールする方法として、自身のホームページなどを多言語化を検討している方も多いのではないでしょうか。

今回は、多言語化に対応している翻訳サイト・アプリと翻訳会社をご紹介します。

各サービスの対応言語数から料金、特長までを徹底解説します。

ぜひ、参考にしてみてください。

多言語化できる翻訳サイト・アプリ5選

多言語化できる翻訳サービスをサイトとアプリの両方をご紹介します。

  1. Google翻訳(サイト・アプリ)
  2. Bing翻訳・Microsoft翻訳(サイト・アプリ)
  3. エキサイト翻訳(サイト・アプリ)
  4. Infoseekマルチ翻訳(サイト)
  5. Naver Papago翻訳(アプリ)

1.Google翻訳(サイト・アプリ)

無料or有料 無料
有料:1,000,000文字につき20ドル
対応言語 103言語(英語、中国語、韓国語有)
翻訳スピード ★★★★★
翻訳品質 ★★★★★

Google翻訳は103言語に対応した翻訳サービスです。

アプリとサイト両方に対応しています。

翻訳の質の高さや翻訳スピードの水準も高く、音声翻訳やページ翻訳、カメラ翻訳など様々なシーンでの翻訳にも対応しているため、非常に使いやすいサービスです。

Google翻訳サイトの使い方

「Google翻訳」と検索し、サイトを開きます。

サイトを開いたら、翻訳したい言語を選択し文字を入力します。

入力すると自動で翻訳されるので、すぐに翻訳文章が表示されます。

Google翻訳アプリの使い方

「App Store」または「Google Play」から「Google翻訳」アプリをダウンロードします。

アプリを開き、翻訳言語を選択したら、文章を入力します。

「⇄」のボタンを押すと、日本語→英語から英語→日本語の翻訳に変更することができます。

2.Bing翻訳・Microsoft翻訳(サイト・アプリ)

無料or有料 無料
対応言語 61言語(英語、中国語、韓国語有)
翻訳スピード ★★★★★
翻訳品質 ★★★★★

Bing翻訳・Microsoft翻訳は、61言語に対応した翻訳サービスです。

マイクロソフト社が提供している翻訳サービスで、Google翻訳同様サイトとアプリ両方を提供しています。

サイトで使用する場合は「Bing翻訳」アプリで使用する場合は「Microsoft翻訳」と名称が変わります。

アプリでは、自身の端末と接続して、最大100人と複数の言語で直接会話できる、多人数での翻訳機能が特徴的です。

Bing翻訳サイトの使い方

「Bing翻訳」と検索し、サイトを開きます。

Google翻訳同様、入力すると自動で翻訳されるので、すぐに翻訳文章が表示されます。

発音音声では、男性と女性の声どちらか選択することが可能です。よりリアルなヒアリングをしたいという方にはおすすめです。

Microsoft翻訳アプリの使い方

「App Store」または「Google Play」から「Microsoft翻訳」アプリをダウンロードします。

アプリを開き、テキスト入力の場合はキーボードのマークをタップ、音声翻訳の場合はマイクのマークをタップ、多人数翻訳では人のマークをタップ、カメラ翻訳ではカメラのマークをタップします。

キーボードのマークをタップすると入力画面に遷移します。

翻訳したい文章を入力すると自動で翻訳されます。

3.エキサイト翻訳(サイト・アプリ)

無料or有料 無料
対応言語 32言語(英語、中国語、韓国語有)
翻訳スピード ★★★★★
翻訳品質 ★★★★

エキサイト翻訳は、32言語に対応した翻訳サービスです。

「Google翻訳」、「Bing翻訳」は無料で5,000文字の翻訳が可能ですが、エキサイト翻訳では2,000文字以内になります。

特長のひとつに「理学系」「工学系」などの分野を選択することで、より正確な翻訳することができます。

エキサイト翻訳サイトの使い方

「エキサイト翻訳」と検索し、サイトを開きます。

分野を選択したい場合は入力画面の上にある分野から選択します。

その後、翻訳したい文章を入力し、「翻訳」ボタンを押すと翻訳されます。

翻訳内容に不安な場合、「再翻訳」ボタンをクリックすることで改めて翻訳し直すことができます。

エキサイト翻訳アプリの使い方

「App Store」または「Google Play」から「エキサイト翻訳」アプリをダウンロードします。

アプリを開き、翻訳したい文章を入力し、画面下の「翻訳」をタップすると翻訳されます。

翻訳精度は少し不安が残る結果となりました。

翻訳語には、再翻訳内容も同時に表示されます。

4.Infoseekマルチ翻訳(サイト)

無料or有料 無料
有料:時間単価
対応言語 無料:13言語(英語、中国語、韓国語有)
有料:38言語
翻訳スピード ★★★★★
翻訳品質 ★★★★

Infoseekマルチ翻訳は、無料版で13言語、有料版で38言語に対応した翻訳サービスです。

楽天社が提供しており、有料プランでは、「翻訳者に依頼する」「プレミアム機械翻訳」を使用することができます。

Infoseekマルチ翻訳サイトの使い方

「Infoseekマルチ翻訳」と検索し、サイトを開きます。

翻訳したい文章を入力後、「翻訳」ボタンをクリックすると翻訳されます。

「入れ替え」ボタンをクリックすると日本語→英語を英語→日本語の翻訳文章に変更することができます。

5.Naver Papago翻訳(アプリ)

無料or有料 無料
対応言語 13言語(英語、中国語、韓国語有)
翻訳スピード ★★★★★
翻訳品質 ★★★★★

Naver Papago翻訳は13言語に対応した翻訳サービスです。

アプリのみではありますが、UIが非常にシンプルで余計なボタンが無く、使いやすいのが特長です。

「グローバル会話」では、基本的な日常会話でネットワークに接続していない状況でも使用できる機能が備わっています。

Naver Papago翻訳アプリの使い方

「App Store」または「Google Play」から「Naver Papago翻訳」アプリをダウンロードします。

アプリを開き、「内容を入力してください。」の文字の上をタップし文章を入力します。

Google翻訳同様、翻訳は自動でされます。

スピーカーボタンをタップすると音声を聞くことができます。

多言語対応している翻訳会社5選

多言語化できる翻訳会社を5社ご紹介します。

  1. JOHO
  2. インターブックス
  3. アイコス
  4. クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
  5. サン・フレア

1.JOHO

引用:JOHO公式HP(http://www.joho-translation.com/

対応言語 25言語以上
翻訳料金(英訳) 1,000円~1,800円(日本語100文字あたり)
納品スピード 1~3営業日
公式HP http://www.joho-translation.com/

JOHOは、25言語以上に対応している翻訳会社です。

一般文書から専門文書まで、あらゆる分野の翻訳を得意としています。

日本語への翻訳では日本在住の多数の翻訳者の中から、分野により最適な翻訳者を選ぶことで質の高い翻訳を提供することができます。

25以上の言語に対応可
翻訳に関する全省庁統一(指名競争)資格者
すべての翻訳に対してネイティブチェックを実施

2.インターブックス

引用:インターブックス公式HP(https://www.interbooks.co.jp/

対応言語 60言語以上
翻訳料金(英訳) 18円~23円(1単語あたり)
納品スピード 1~4営業日
公式HP https://www.interbooks.co.jp/

インターブックスは、60言語以上の翻訳が可能な翻訳会社です。

翻訳目的・用途や翻訳分野など幅広くニーズに合わせて翻訳に対応してくれます。

1991年に創業と歴史ある会社で、実績も多いため長く付き合っていきたい翻訳会社を探している方にはおすすめです。

60以上の言語に対応可
4段階チェック体制
DTPの豊富な経験と実績

3.アイコス

引用:アイコス公式HP(https://www.icos.co.jp/

対応言語 50言語以上
翻訳料金(英訳) 応相談
納品スピード 応相談
公式HP https://www.icos.co.jp/

アイコスは、50言語以上に対応している翻訳会社です。

50以上の言語に対応していることから、ホームページの多言語対応もサポートしてくれます。

50以上の言語に対応可
一部上場企業100%子会社
ISO17100取得の高い翻訳品質

4.クリムゾンインタラクティブ・ジャパン

引用:クリムゾンインタラクティブ・ジャパン公式HP(https://www.crimsonjapan.co.jp/

対応言語 50言語以上
翻訳料金(英訳) 11円~33円(1単語あたり)
納品スピード 1~10営業日
公式HP https://www.crimsonjapan.co.jp/

クリムゾンインタラクティブ・ジャパンは、50言語以上に対応している翻訳会社です。

医薬の研究開発、治験、審査申請文書、学術論文などをメインにサービスを提供しています。

翻訳品質のを維持するためのシステムや取り組みが評価され、国際規格である「ISO17100:2015」を取得しています。

品質を重視しているからこそ、仕上げには複数の翻訳者による何重ものチェック体制があります。信頼性の高い会社と言えますね。

50以上の言語に対応可
国際規格であるISOに準拠した品質管理
世界最大規模である社内150名の英語ネイティブチェッカーが常勤

5.サン・フレア

引用:サン・フレア公式HP(https://www.sunflare.com/

対応言語 70言語以上
翻訳料金(英訳) 応相談
納品スピード 応相談
公式HP https://www.sunflare.com/

サン・フレアは、70言語以上に対応している翻訳会社です。

専門知識を持った翻訳者を約6,000名かかえ、翻訳者の豊富さから、翻訳分野や使用用途、背景など様々なニーズに対応し、「複合分野」に関してもクロスチェックを実施しているので、高い翻訳の品質が期待できます。

70以上の言語に対応可
専門知識を持った翻訳者が約6,000名在籍
堅固なセキュリティ体制

まとめ

以上、多言語化に対応した翻訳サイト・アプリを5つ、翻訳会社を5社ご紹介しました。

翻訳サイト・アプリは無料で使うことができる便利な翻訳ツールではありますが、あくまで補助ツールと考えることをおすすめします。

完璧に翻訳したい場合は、自身の目的・用途に合わせてプロの翻訳会社にお願いすると良いですね。

翻訳を依頼するならAPRESS

ホームページの翻訳はもちろん、論文・マニュアル・契約書からメディアのコンテンツまで幅広く対応した実績があるAPRESSへ翻訳の相談をしてみませんか。

貴社にぴったりの翻訳方法をお伝えします。

APRESS株式会社へ無料で翻訳の相談をしてみる